村西とおるの人生哲学

AV時代―村西とおるとその時代 (幻冬舎アウトロー文庫)AV時代―村西とおるとその時代 (幻冬舎アウトロー文庫)
(2005/12)
本橋 信宏

商品詳細を見る


 村西とおるが自身のサイトに書いている「日記」が面白い。

 かつて「AV界の帝王」と呼ばれた、前科7犯の村西とおる。ゆえに、大っぴらに推奨するのははばかられるのだが、先入観を抜いて虚心坦懐に読んでいると、ときおりハッとするような名言・至言に出合う。たとえば――。

 

 「涙」は他者の為に流してこそ美しく人の心を動かすものでございます。
 政治家であればなおのこと、決して自分の為に涙を流す「恥知らず」を見せてはならないのでございます。
 しかし小沢は「涙」で乗り切ろうとしました。
 「哀れ」を通り越してなんと「汚い」男かとヘドが出る思いでございます。
(中略)
 「小沢一郎」は消えることで運をたぐり寄せた「山口百恵」の「伝説」に学び、即刻退陣すべきでございます。
 「戦場」では「戦いを止めること」でよりよく自分の存在を示すことになる、ということがあるのでございます。
 知るべきであります。人生の敗者は「敗れた者」ではなく「変わることのできなかった者」であるということを。(2009.3.27付より)



 私が太字強調した部分など、古典の一節のように含蓄深いではないか。

 村西のことだから日記の中にワイセツなくだりも多いし、名誉毀損もののアブナイ記述も散見される。だが、そうしたノイズの山の中に、時折ものすごくよい言葉が混じっているのだ。
 幾多の修羅場をくぐり抜けてきた者ならではの、“現場で鍛えあげた人生哲学”が躍如としている。
 
 もう2つほど例を引く(太字強調は引用者)。

 今日の日本のプロダクションは「整形」「偽装」に頼りすぎでございます。
 ニワトリやダチョウを鷹やヒバリに偽装して「飛ばそう」とするからウマくいかず破綻するのでございます。
 薄い化粧、紅いホホ、ピンクの口唇、緑の黒髪、ごく自然に、取りたての野菜のようにありのままを提供して、あとは大衆の判断にゆだねればいいのでございます。(2009.3.6付より)



 不安が増大し、暴発しそうな今日的状況下にあっては、今こそ中小企業のオヤジの出番でございます。
 リストラだ、倒産だ、などといっても中小企業のオヤジはそんなモノは何程のことでもないことを知っています。
 中小企業のオヤジはもとより裸一貫、ナイナイづくし、からのスタートでございました。
 働けど働けど楽にならず、ジッと手を見る日々を生きて年商一億円の企業を育て上げてきたのでございます。
(中略)
 大企業の名経者然として偉ぶっているドチラ様が、裸一貫から始めて年商一億円の企業を作り上げる能力をお持ちでしょうか。
 三菱だ三井だと吠えてみても虎の威を借りてのことだけ、彼等のうち何人が独立して企業を起こし年商一億の企業を成立させえるというのでしょうか。

 今日の風潮は「金がなければお仕舞いだ」の大合唱でございます。本当に倒産したり、職を失ったりしたらすべてが駄目なのか、中小企業のオヤジに聞こうではありませんか。
 オヤジはこう言う筈です。「金じゃなく、勇気がなくなった時すべてを失うのだ」と。(2008.12.12付より)



関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
19位
アクセスランキングを見る>>