保坂渉・池谷孝司『ルポ 子どもの貧困連鎖』


ルポ 子どもの貧困連鎖 教育現場のSOSを追ってルポ 子どもの貧困連鎖 教育現場のSOSを追って
(2012/05/18)
保坂 渉、池谷 孝司 他

商品詳細を見る


 保坂渉・池谷孝司著『ルポ 子どもの貧困連鎖――教育現場のSOSを追って』(光文社/1680円)読了。

 共同通信配信で2009~10年に新聞連載されたルポに加筆し、識者へのインタビューをプラスしてまとめたもの。著者2人は共同のベテラン記者だ。

 全4章立てで、各章が高校編、中学校編、小学校編、保育編となっている。
 貧困問題をめぐる多様なケースが取り上げられている。たとえば小学校編では、母子家庭、父子家庭、両親が揃ってはいるが雇用不安定で貧困に陥ったケースが、それぞれ登場するという具合。

 この手のルポを読むと、「苦しんでいる親と子どもが多いのはわかったけど、じゃあどうすればいいの?」と、モヤモヤした読後感を味わうことが少なくない。
 しかし本書の場合、章の最後に置かれた貧困問題のエキスパートへのインタビューで、問題への対策・処方箋が(ある程度)語られている。
 インタビューイとして登場するのは、東大教授の本田由紀、福島大教授の大宮勇雄、それに当ブログでも著作を取り上げた阿部彩、生田武志の計4人。
 
 また、ルポの中には苦しむ子どもを救おうと懸命に努力する教育者(定時制高校の担任教諭、保健室勤務の養護教諭、保育園の園長など)たちの姿が活写されていて、読んでいて救われる思いがする。

 教育現場で広がる「子どもの貧困」の問題を考えるうえで、有益な良書である。

 本書の中で複数の登場人物が、「日本における子どもの貧困問題は見えにくい」という趣旨の発言をしている。
 たしかに、途上国のようにストリート・チルドレンがいるわけではないし、貧困家庭の親や子どももケータイをもっていることが多いし、ユニクロ等のファストファッションが普及しているから、貧しくてもそこそこオシャレな服装ができる。見た目からは貧困の苦しみがわかりにくいのだ。
 そのじつ、日本の「子どもの貧困」は、リーマンショック以後急速に深刻化しているのである。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>