『そこのみにて光輝く』



 立川シネマシティにて、『そこのみにて光輝く』を観た。
 佐藤泰志が遺した唯一の長編小説の映画化。



 佐藤作品の映画化は、2010年の『海炭市叙景』につづいて2作目。ブレイクすることのないまま、1990年に自ら命を絶ったマイナー作家が、四半世紀を経たいまになって脚光を浴びているのは皮肉である。

■関連エントリ→ 佐藤泰志『海炭市叙景』レビュー

 昔のATG映画(の青春映画)を彷彿とさせる、重く、暗く、湿った映画。しかし、そこがよい。この暗さこそが日本映画だと思う。

 主要キャストが全員熱演を見せる映画だが、なんといってもヒロインの池脇千鶴が素晴らしい。『罪と罰』のソーニャのような薄幸のヒロインを、圧倒的な生々しさで演じて見事だ。『ジョゼと虎と魚たち』と並んで、彼女の女優としての代表作になるだろう。

 映画自体にも、“もう一つの『ジョゼと虎と魚たち』”という趣がある。どちらも、過酷な環境の中にあるヒロインの元に、“王子様”がやってきて違う世界に連れて行こうとする話なのだ。

 もっとも、『ジョゼ~』にあった軽やかさは本作にはなく、描かれる恋愛も、互いの深い孤独が共鳴し合うようなものなのだけれど……。

 『ジョゼ~』の王子様・妻夫木くんは最後にヒロインの元を去っていったが、本作の綾野剛はヒロインがボロボロになっても寄り添いつづける。その意味では、哀しい結末ながらもハッピーエンドなのかもしれない。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>