松永良平ほか『音楽マンガガイドブック』


音楽マンガガイドブック (音楽マンガを聴き尽くせ)音楽マンガガイドブック (音楽マンガを聴き尽くせ)
(2014/03/14)
松永 良平、 他

商品詳細を見る


 松永良平監修『音楽マンガガイドブック――音楽マンガを聴き尽くせ』(DU BOOKS/1944円)読了。

 タイトルのとおり、1950~2010年代までの「音楽マンガ」を網羅したガイドブックである。版元のDU BOOKSはディスクユニオンの出版部門だ。

 当然、音楽家やロックバンドなどを描いたマンガの紹介が中心である。
 それ以外に、音楽に強くインスパイアされたマンガ、音楽がストーリーの中で重要な役割を果たすマンガ、さらには『ドラえもん』や『ブラックジャック』などの有名マンガに登場する音楽ネタまでが紹介されている。

 また、細野晴臣(『三丁目の夕日』の西岸良平とは高校の同級生で、自身もマンガ家を目指していた)や坂本慎太郎(元ゆらゆら帝国)など、ミュージシャンにマンガの話を聞くインタビューが合間に登場する。

 いまどき珍しい小さな字で、すごい量の情報がぎっしり詰め込まれている。
 アマゾンのカスタマーレビューで、本書を「それにしても高すぎる。800円ぐらいの本の内容」と腐している人がいるが、そんなことはない。この情報量で2000円を切る価格は、むしろ安すぎるくらいだ。

 未単行本化の短編まで拾い集めているなど、作品のセレクトはかなり網羅的で、たいへんな労作だと思う。

 この手の本を読むと、マニアックな読み手ほど、「あの作品が抜けている」「あの名作を取り上げないとはどういう了見だ!」と、「抜け」ばかりが目につくものだ。しかし、本書に関して私はほとんどそれを感じなかった。むしろ、知らない作品もけっこう多かった。

 私が感じた「抜け」は、「宮谷一彦のジャズ劇画を取り上げるなら、『75セントのブルース』や『魂の歌』、『不死鳥ジョー』(元ボクサーの主人公が「ドック・オブ・ベイ」のカバーで歌手デビューする短編)も取り上げて欲しかったな」とか、「柳沢きみおの『真夜中のジャズマン』を取り上げているが、彼の音楽マンガといったら断然『流行唄(はやりうた)』だろうに」……というくらい。

 まあ、あまりにも総花的で、その分個々の作品の掘り下げが浅いうらみはある。
 あと、ヴィジュアルが単行本の表紙一辺倒というのは、ちょっと芸がないし、寂しい。
 だが、それは「隴を得て蜀を望む」たぐいであって、音楽マンガのガイドブックとしては上出来だと思う。

 資料的価値も高い。
 『FMレコパル』の「ライブコミック」(マンガ家たちにミュージシャン・作曲家の短編伝記マンガを描かせた名物シリーズ)全作品リストとか、オマケ的ページもなかなか凝っているし……。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>