ジェイソン・マーコスキー『本は死なない』


本は死なない Amazonキンドル開発者が語る「読書の未来」本は死なない Amazonキンドル開発者が語る「読書の未来」
(2014/06/19)
ジェイソン・マーコスキー

商品詳細を見る


 ジェイソン・マーコスキー著、浅川佳秀訳『本は死なない――Amazonキンドル開発者が語る「読書の未来」』(講談社/1728円)読了。

 Amazonの電子書籍端末「キンドル」の開発に、最初期から5年間かかわったという著者による電子書籍本。
 読む側は当然、「中の人」ならではの視点で鋭く本の未来を展望する内容を期待する。

 が、その意味ではかなり期待外れ。これまで何冊か「電子書籍本」を読んでいる人なら、「どっかで聞いたような話」がほとんどだろう。
 私が「へえ」と思ったのは、近い将来に電子書籍の中古販売が実現する、という話くらい。

 全体に構成がダラダラしている。秩序立った形で読書の未来を論じた本というより、電子書籍について筆の赴くままに綴ったエッセイという印象だ。

 自分が開発に携わったキンドルを、「21世紀を代表する発明品になる」と自画自賛するのはご愛嬌としても、どうでもいい著者の自分語りが随所に顔を出すのはウザい。

 それに、著者が描く「読書の未来」の何が素晴らしいのか、私にはいまいち理解できない。

 著者は近い将来生まれる「読書用フェイスブック」が、「Reading2.0」となるのだと主張する。
 「読書用フェイスブック」とは何かというと、1冊の電子書籍から「あらゆる本がリンクでつながり、世界中のすべての本が巨大な一冊を構成する一要素とな」り、「複雑に絡み合うハイパーリンクですべての本がつながる」ようなありようのことだという。

 わかったようなわからないような説明だ。
 たとえば電子書籍を読みながら、ワンクリックで関連情報が調べられたり、同じ本を読んでいるほかの人とつながれたりする仕組みができたとして、それの何が画期的なのか?
 我々はいまでも、読書の途中でパソコンやスマホに向かって同じようなことをしているではないか。

 それに、著者は後半の「読書時の集中力」の項で、その「読書用フェイスブック」のアイデアを自ら否定するようなことも書いている。
 iPadのような汎用端末で電子書籍を読むと、読書しながらついネットを見てしまったりして、読書に集中できないからよくない(趣意)と述べているのだ。
 ほかの本、ほかの人とつながりながら読書できることが「Reading2.0」ではなかったのかw?

 この一例が示すように、全体にとっちらかった内容の駄本。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>