西村賢太『一私小説書きの独語』


随筆集 一私小説書きの独語 (単行本)随筆集 一私小説書きの独語 (単行本)
(2014/07/01)
西村 賢太

商品詳細を見る


 西村賢太著『随筆集 一私小説書きの独語』(KADOKAWA/1728円)読了。

 第三随筆集である。
 前半が、表題作の連作「一私小説書きの独語」。後半は、さまざまな媒体に書いた雑多な文章の寄せ集めになっている。

 「一私小説書きの独語」は、『野性時代』に“半自叙伝”と銘打って連載されたもの。
 そもそも西村作品はすべて“半自叙伝”みたいなものであるわけだが、これは過去作に描かれた10代のころの暮らしを、私小説ではなく随筆として描くという趣向なのだ。

 私小説も、小説であるかぎりは事実に潤色が加えられているわけで、その潤色のヴェールを剥ぎとって見せる、いわば自作の「タネ明かし」がなされている。

 その「タネ明かし」が、意外なほど面白い。当然、小説と重複する部分もあるが、『二度はゆけぬ町の地図』所収の数編など、過去の「北町貫多」ものをすべて読んでいるファンにこそ楽しめる内容なのだ。

 しかし、やはりというべきか、私小説に書く題材との使い分けが困難であったようで、この“半自叙伝”は中断され未完となっている。
 
 本書では「一私小説書きの独語」が突出して面白く、あとの雑文には見るべきものがほとんどない。

 わずかに、映画版『苦役列車』へのいちばんまとまった批判となっている「結句、慊い」が、なかなか読ませる。
 西村はいろんなところで映画版への不満を表明していたが、それがけっきょくどのような不満であったのかが、よく理解できる。

 ほかは、どうでもいいアンケートの回答とか、過去の自著の「あとがき」(私はすべて既読)まで寄せ集めてある始末で、「落ち穂拾いで無理くり一冊にしました」的なザンネン感が半端ない。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>