2014年に読んだ本BEST10


浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち浮浪児1945‐: 戦争が生んだ子供たち
(2014/08/12)
石井 光太

商品詳細を見る


 というわけで、大晦日の今日は今年読んだ本のBEST10を――。

 「小説は除く」という縛りをかけて選んだ。原則として今年刊行の本から選んだが、一部は昨年11~12月に刊行されたものである。順不同(読んだ順に並べただけ)。タイトルをクリックするとレビューに飛びます。

 こういうのも、10年くらいつづけると「自分史」として意味をもつのだろうな。
 ちなみに、昨年のBEST10はこちら。それではみなさん、よいお年を!


アラン・ワイズマン『滅亡へのカウントダウン――人口大爆発とわれわれの未来』

春日太一『あかんやつら ――東映京都撮影所血風録』

黒川祥子『誕生日を知らない女の子/虐待――その後の子どもたち』

岡映里『境界の町で』

清水潔『殺人犯はそこにいる――隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』

ジョージ・パッカー『綻びゆくアメリカ――歴史の転換点に生きる人々の物語』

佐藤優『創価学会と平和主義』

稲垣栄洋『弱者の戦略』

石井光太『浮浪児1945-: 戦争が生んだ子供たち』

フランス・ドゥ・ヴァール『道徳性の起源――ボノボが教えてくれること』


■次点(と言いつつ3つも選んでしまったが)
町山智浩『アメリカのめっちゃスゴイ女性たち』
架神恭介『仁義なきキリスト教史』
八木澤高明『娼婦たちから見た日本』


関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>