『11・25 自決の日  三島由紀夫と若者たち』



 『11・25 自決の日  三島由紀夫と若者たち』を映像配信で観た。



 若松孝二が晩年に撮った、最後から2番目の映画(遺作は『千年の愉楽』)。
 タイトルのとおり、1970年11月25日の「楯の会事件」をクライマックスに据えた作品。保阪正康の『三島由紀夫と楯の会事件』などの文献をふまえ、三島の最後の日々が事実に忠実に再現されている。

 「楯の会」の中でも、三島とともに割腹自殺を遂げた森田必勝(まさかつ)にかなりの比重が置かれており、「三島と森田の物語」になっている。
 森田役の俳優(満島真之介)が本物よりもイケメン過ぎ。そのためもあって、BL的雰囲気が全編に漂っている。三島夫人役の寺島しのぶを除けば、女優はほとんど登場すらしない映画だし。

 若松孝二は思想的には三島の対極にあったはずだが、だからこそ、客観的視点が保たれたよい映画になっている。三島に心酔している監督が撮ったなら、もっとベタベタで湿っぽい映画になっただろう。

 三島と東大全共闘の有名な公開討論も再現されている。その中の三島の言葉――「私は諸君の熱情は信じます。それだけは信じます。ほかのものは一切信じないとしても、それだけは信じるということをわかっていただきたい」は、そのまま若松が三島に向けた思いではなかったか。
 「三島の思想はくだらんし、自決に至った行動もナンセンスだが、俺は三島の熱情だけは肯定するよ」と……。これは若松の実際の発言ではなく、私が勝手に斟酌したものだが、そのような「思い」が全編から感じ取れるのだ。
 
 よけいな説明が一切省かれた、かなり無愛想な映画でもある。三島と楯の会事件についてある程度の知識がないと、なんのことやらさっぱりわからない場面が多いだろう。
 逆に、三島に関心のある人間にとっては、知識として知っている三島の最後の日々が次々と映像化されていくだけでも、興奮ものだ。
 とくに、三島と森田が腹を切るプロセスなど、映像として描かれるとすさまじい迫力で、目が釘付けになった。

 主演の井浦新は、顔つきとしてはまったく三島に似ていない。にもかかわらず、観ているうちにだんだん三島に見えてくる。魂のこもった素晴らしい熱演だと思う。

■関連エントリ→ 中川右介『昭和45年11月25日』

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>