小谷野敦『面白いほど詰め込める勉強法』



 小谷野敦著『面白いほど詰め込める勉強法――究極の文系脳をつくる』(幻冬舎新書)読了。

 3年前に出た本で、Amazonマーケットプレイスで1円(+送料)だったので買ってみたもの。
 渡部昇一のミリオンセラー『知的生活の方法』(1976年刊)を意識して書かれた、小谷野敦流『知的生活の方法』ともいうべき本である。

 “『知的生活の方法』を呉智英は馬鹿にしていたが、それほど悪い本ではないと思う”という意味のことを小谷野は以前の著作(『バカのための読書術』)でも書いていたが、私も同感。じつは私も、少年時代に『知的生活の方法』にけっこう影響を受けた。

■関連エントリ→ 渡部昇一『知的余生の方法』

 本書は、Amazonのカスタマーレビューでおおむね酷評されている。批判の主旨は、「タイトルと中身に乖離がありすぎる。著者の自分語りが多すぎる」というもの。

 小谷野敦が出す新書は、歴史の本であれ読書術の本であれ、随所に自分語りがある。誰かが言っていたが、「私小説ならぬ“私新書”」なのであって、それはこの人の芸風だから、目くじら立てても仕方ない。愛読者はそこまで「込み」で彼の著書を楽しんでいるのだ。

 ただ、本書はほかの新書に比べても、自分語りの混入率が高い。
 たとえば、全五章のうち第一章は「私の知的生活の系譜」で、章題のとおり、小谷野自身の少年時代からの読書遍歴、知的遍歴が綴られている。ほとんど自伝に近い内容で、およそ読者の勉強法の参考になるようなものではない。

 読書遍歴だけならまだしも、「竹下景子さんと『犬笛』の思い出」という項では、ファンだったという竹下景子がヒロインの映画『犬笛』について、6ページも費やして延々と紹介している。いくらなんでも脱線しすぎ。

 第五章「バカのための英語術」も同様で、内容の九割方は“自分はじつは英語が苦手で、これまでこんなにも英語の勉強に苦労してきた”という話。読者の参考になる勉強術は、残りの一割くらいしか書かれていない。

 ただ、あとの三章は悪くない。
 第二章「知を体系化するデータベース作成法」と第三章「ネット時代だからこその検索法」は、国会図書館の上手な利用法などの細かなテクが参考になる。
 第四章「古典をどこまでどう読むか」は、本書でも何度も言及されている呉智英の名著『読書家の新技術』の、小谷野敦版という趣がある。

関連記事

トラックバック

コメント

Re: No title
小谷野さん

> 渡部昇一の本もそうとう自伝的だったはずだが。

そう言われればそうですね。
  • 2016-07-03│12:40 |
  • 前原政之  URL│
  • [edit]
No title
渡部昇一の本もそうとう自伝的だったはずだが。
  • 2016-07-01│23:13 |
  • 小谷野敦 URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>