石川明人『キリスト教と戦争』



 Amazonの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」が本日スタートしたので、さっそく登録。
 ざっと見た範囲では、ラインナップはまだ貧弱。とくに、マンガは「読み放題」というほどではない。

 とはいえ、月額980円という安さだから、本や雑誌をたくさん買う人なら、間違いなく元は取れる。
 たとえば私の場合、『サイゾー』と『ニューズウィーク日本版』と『サンデー毎日』がタダで読めるだけでも、十分ペイする。

 一度に10冊までしかダウンロードできない仕組みになっている。
 つまり、それ以上読みたい場合、10冊のうちのどれかを「利用終了」(=削除)しなければならないのだ。ゆえに、所有欲は満たされないし、何度も読み返す本はけっきょく別に買うことになるだろう。

 「なんだよ、全然 Unlimitedじゃないじゃん」と思ったのだが、これはなかなかうまい仕組みだと思う。無限にダウンロードしたままにできるのなら、それこそ誰も本など買わなくなってしまうだろうし……。

 
 昨日は都内某所で、カトリックの信徒団体「聖エジディオ共同体」のアルベルト・クァットルッチ事務総長を取材。テーマは、同団体が長年進めてこられた死刑廃止運動について。

 バチカンの関係者を取材するのは初体験。バチカンといっても信徒団体だからか、ダンディで陽気なイタリア紳士であった。

 カトリックの人を取材したからというわけではないが、行き帰りの電車で、石川明人著『キリスト教と戦争――「愛と平和」を説きつつ戦う論理』(中公新書/886円)を読了。

 映画『プライベート・ライアン』に、兵士たちがロザリオに口づけして神に祈りを捧げてから銃を撃つ場面があった。我々非キリスト教徒にとっては驚かされる場面である。
 「愛と平和」を説くキリスト教を信仰しながら、なぜ戦えるのか? なぜ銃で人が撃てるのか? その理由を、キリスト教の歴史と内在論理を紐解きながら解説していく本。

 印象に残った一節を引く。

 もし最初からすべてのキリスト教徒が「平和主義的」に振る舞っていたら、キリスト教徒は絶滅していたか、せいぜい小さいセクトであるにとどまっていたのではないかと思われる。後のキリスト教徒は、実際には、異教徒や他教徒を迫害し、戦争や植民地支配を行って勢力を拡大し、安全保障にも現実的に取り組むことで、生存し、仲間を増やしてきた。今現在も、世界中いたるところに二三億人ものキリスト教徒がいるということが、少なくとも主流の教派は、決して純粋な非暴力主義でも完全な平和主義でもなかった証拠であろう。キリスト教は真理であるから世界に広まったのだ、などと思い込んでいるとしたら、それはナイーブというよりむしろ傲慢である。



 二一世紀現在でも、絶対平和主義と正戦論との間ではさまざまな議論がなされている。キリスト教信仰に基づいた絶対平和主義者の声も、決して小さいわけではない。しかし、キリスト教主流派の歴史においては、やはり条件付きで戦争を肯定するのが基本的なスタイルとして引き継がれてきたのである。そうした思想は、五世紀にはすでに明らかな形で現れ、一三世紀以降はある種の権威・伝統さえ有するようになって現在にいたっているというのが、端的な事実なのである。



 私にとっては目からウロコが落ちまくる内容だった。キリスト教に対する認識が変わる良書。
 仏教の視点から「宗教と平和」の問題を考察した松岡幹夫氏の『平和をつくる宗教』(これは名著)と、併読するとよいと思う。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
19位
アクセスランキングを見る>>