KIYO*SEN『Trick or Treat』



 2日に発売されたばかりのKIYO*SEN(キヨセン)のニューアルバム『Trick or Treat』(ベガ・ミュージックエンタテインメント/3240円)を購入。さっそく聴き倒す。

 現「CASIOPEA 3rd」のオルガニスト大高清美と、女子大生ドラマー川口千里(まだ19歳)のジャズ・ロック・デュオの、サードアルバム。

 2人がハロウインの扮装をしているこのジャケット(帯のキャッチコピーは「聴いてくれなきゃ、イタズラするぞ!」w)は、ちょっといただけない。
 現都知事・小池百合子が『魔法使いサリー』のコスプレをした不気味な写真があったが、あれを思い出してしまった。

 ジャケ裏にはアニメ絵のカワイイ萌えキャラとして2人が描かれており、こちらを表にしたほうがまだマシだったと思う。
 前作『DUOLOGY』のジャケット(↓)はカッコよかったのに……。



 ジャケットはともかく、中身は相変わらずのカッコよさ。


■収録曲目
01. Eternal Ability / Kiyomi Otaka (6:00)
02. Mood 68 / Kiyomi Otaka (4:26)
03. Haphazardly / Senri Kawaguchi,Koichi Yabori (4:24)
04. Adventure / Kiyomi Otaka (7:25)
05. 5 Meters High / Koichi Yabori (6:42)
06. Violet hoes / Kiyomi Otaka (3:49)
07. 2B Out Break / Kiyomi Otaka (4:22)
08. 0402 / Kiyomi Otaka (5:45)
09. Haphazardly_ Reprise / Senri Kawaguchi(6:35)



 KIYO*SENのこれまでのアルバム3作は、いずれもジャズ・ロック~ハイパー・テクニカル・フュージョン~プログレの範疇に収まるものである。ただ、アルバムによって力点の置き方が変わる。

 ファーストアルバム『Chocolate Booster』(2014)はプログレ寄りのジャズ・ロックで、「もろELP(エマーソン、レイク&パーマー)」な曲もあった。
 セカンドアルバム『DUOLOGY』(2015)は全体にプログレ色、重厚さが薄れ、代わりにポップな疾走感が増した。

 そして今回のサードアルバムは、セカンドの疾走感はそのまま残しつつ、ハードネスとロック色が大幅増量。甘さを抑えた硬派なハイパー・テクニカル・フュージョンに仕上がっている。
 矢堀孝一(大高清美の夫)のハードなギターが唸りを上げる「2B Out Break」という曲など、ほとんどヘヴィメタルである。
 “箸休め”的なポップ・フュージョンも2曲あるだけ。あとは終始ハードに押しまくる。

 また、大高清美のオルガンによる「キース・エマーソンっぽいフレーズ」も頻出し、セカンドよりはややプログレ回帰した印象。
 全9曲中4曲に入っているゲスト(David Hughes、Duke Sarashina)のベースギターも、絶妙なアクセントになっている。


↑今作随一のハードな疾走チューン「Mood68」のデモ映像。

 KIYO*SENには「最強の女子力ユニット」という変なキャッチフレーズがつけられているが、本作には「女子力」的なスイート感は微塵もない。
 むしろ、バカテク系ジャズ・ロック、ハイパー・テクニカル・フュージョン、ハードなインスト・ロックを好んで聴くオジサン層(ジャズ・ロックが好きな女性も中にはいるだろうが、少数派だろう)に、はっきりと的が絞られた感がある。

 千里ちゃんも最初から最後まで飛ばしっぱなし、叩きまくり。全体に過去2作より手数が多い印象で、「さすがは手数王・菅沼孝三の愛弟子だ」と思わせる。

 よりスピーディーに、ハードに、テクニカルになったKIYO*SEN。私はこの方向性、大歓迎である。

 なお、ファースト『Chocolate Booster』はAmazonのPrimeMusicに入っており、プライム会員ならタダで聴けるので、KIYO*SENを聴いたことのない人はぜひ。

■関連エントリ→ KIYO*SEN『Chocolate Booster』

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>