卯月妙子『実録企画モノ』『新家族計画』



 卯月妙子の旧作『実録企画モノ』『新家族計画』(Vol.1&2)がKindle Unlimitedに入っていたので、読んでみた。

 卯月の4年前の話題作『人間仮免中』を読んだとき、「この旧作も読みたい」と思ったものの、当時は紙の本しかなく、しかも中古で高値を呼んでいたため手が出なかった作品。いつの間にか電子書籍化されていた。

 Kindle Unlimitedは、講談社など大手版元とのトラブルもあり、点数も減って、世間的には「もう終わった(失速した)サービス」みたいな印象になっている。だが、私はいまでも「月額980円なら十分お得」だと思う。
 じっさい、今日読んだ卯月妙子作品3冊だけでも、私にとっては「もう今月分の元が取れた」という感じだし。

 ただ、3ヶ月間Kindle Unlimitedを利用してみて思うのは、使いこなすにはコツがいるということ。
 大量のクダラナイ本(シロウトの自費出版本とか、安手のエロ本とか)で点数を嵩上げしているサービスであるため、価値のある本にたどりつくには、ユーザー側がかなり意識的に探して、読む本を厳選しないといけないのだ。そうしないと、価値の低い本を「タダだから」とダラダラ読んでしまい、時間を浪費してしまう。

 さて、初めて読んでみた卯月妙子の旧作だが、いずれも『人間仮免中』同様、卯月自身の壮絶な半生を題材にしたものである。ただし、『実録企画モノ』はノンフィクションのコミックエッセイであるのに対し、『新家族計画』は一応フィクションの体裁をとっている。

 『人間仮免中』は感動作であったが、こちらの『実録企画モノ』『新家族計画』はコミカルなテイストが強い。借金と精神障害を抱えながら子どもを育てるため、特殊性風俗や特殊AVの世界で働くデスペレートな生活が描かれているのだが、それが乾いた笑いにくるまれているのだ。

 なにしろ、『実録企画モノ』のラストでは卯月の前夫の飛び降り自殺が描かれるにもかかわらず、その部分さえ少しも悲しくない描き方なのだから……。
 その点で、自らのホームレス生活やアル中を笑いに昇華した、吾妻ひでおの『失踪日記』と同系列のマンガといえる。

 ただ、マンガとしての構成がグダグダで全体的に雑然としており、素材の面白さがあまり活かされていない。大傑作『失踪日記』に遠く及ばないのはもちろん、自作の『人間仮免中』よりもつまらない。
 
 それでも、人の生き方の正しさや幸・不幸を決めつけがちな我々の価値観・倫理観を、したたかに揺さぶる衝撃作ではある。「こういう生き方もアリだよ」と……。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>