森達也『死刑』



 昨日は、後輩ライターの結婚披露宴に参加するため、埼玉県深谷市へ――。
 心あたたまるよい披露宴であった。

 行き帰りの電車で、森達也著『死刑』(角川文庫/761円)を読了。仕事の資料として。

 オウム真理教元幹部への取材をつづけてきた森達也は、幹部の多くが死刑囚であるため、日本の死刑制度に深い関心を抱くようになった。そこから手掛けた、最初の死刑関連書である(その後、何冊かの類書を出している)。

 これは素晴らしい本。死刑について関心を持った人が最初に読むべき本としておすすめしたい。

 章ごとに多くの当事者(死刑執行経験のある元刑務官、犯人が死刑となった犯罪被害者の遺族、死刑制度反対運動を続ける弁護士、冤罪を晴らして生還した元死刑囚、死刑囚本人など)を取材していくルポルタージュである。
 と同時に、日本の死刑制度や死刑存廃問題の論点、各国の制度などについての入門書としても、大変よくできている。

 本書を書き始めた段階では、森達也は死刑廃止派・存置派のいずれでもない。そして最後の章まで、自分はどちらの立場に立つべきかを迷いつづける(最後にやっと廃止派としての旗幟を鮮明にする)。
 そのことが、結果的に本書の美点になっている。廃止派・存置派いずれかの立場に寄った、バイアスのかかった本になっていないのだ。

 その点で、本書は死刑制度を描いたマンガの白眉である『モリのアサガオ』(作者・郷田マモラも本書に登場)と、よく似ている。
 『モリのアサガオ』でも、主人公の新人刑務官は、最後まで死刑に対する自らのスタンスを決めかね、迷いつづけるのだ。

 『A』『A2』以来、森達也の作品に通底するのは、善悪二元論によりかかる「思考停止」を排し、他者への想像力を研ぎ澄まそうというメッセージだ。本書もしかり。
 森達也らしい、彼の書き手としての美点が十全に発揮された本になっている。

■関連エントリ→ 『A』『A2』

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
18位
アクセスランキングを見る>>