田中圭一『うつヌケ』



 今日は午前中から、女性登山家・田部井淳子さんのご長男である田部井進也さんを取材。
 田部井淳子さんは昨年の初頭にインタビューしたことがあり、そのときにはお元気だったので、昨年10月に亡くなられたときにはとても驚いた。
 
 お母さんを取材して一年後に息子さんを取材する(しかも別メディアで)というのも、なんだか不思議なご縁である。
 今回の取材は、ちょっと気が早いのだけれど、「母の日」に合わせた記事のためのもの。「人生を楽しむ達人」でもあったお母さんの思い出を、さまざま伺った。


 田中圭一の話題作『うつヌケ――うつトンネルを抜けた人たち』(KADOKAWA/1000円)を、Kindle電子書籍で読んだ。

 自らもうつ病脱出体験を持つマンガ家・田中圭一が、うつ病からの脱出に成功した人たちを取材し、マンガの形でその体験をまとめたドキュメンタリーコミック。

 いつもはお下品なパロディ・マンガを描いている田中圭一が、今回は下品抜きでマジメに描いている。「きれいなジャイアン」ならぬ「きれいな田中圭一」なのだ。
 ただし、随所にちりばめられた“小技”的な笑いには、ギャグマンガ家としての経験が活かされている。

 発売1ヶ月で4刷となり、5万部を突破したそうで、慶賀に堪えない。
 じっさい、読んでみると「これなら売れるだろうな」という印象を受ける。
 私はうつ病になった経験がないが、おそらく本書は、いま現在うつに苦しんでいる人が「うつヌケ」するためのきっかけになり得ると思う。十分に実用的なのだ。

 田中圭一自身のうつ脱出体験も3話にわたってマンガ化されているが、自分にとって有益だった方法や本を絶対視していない点も好ましい。

 うつ病を扱ったマンガといえば、大ベストセラーになりドラマ化・映画化もされた『ツレがうつになりまして。』(細川貂々)がある。
 「ツレうつ」が作者自身の体験のみであったのに対し、本作はいろんな人のいろんな「うつヌケ」体験が描かれているから、いっそう「あの手この手でうつに立ち向かおう」と読者に思わせ、汎用性が高い。

 我が国でもうつ病患者が増加の一途をたどり、すでに患者数が100万人を超えているといわれるなか、社会的意義も高い一冊だ。

■関連エントリ
細川貂々『ツレがうつになりまして。』
細川貂々『ツレと私のふたりぐらしマニュアル』
田中圭一『神罰』

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>