池上彰・佐藤優『僕らが毎日やっている最強の読み方』



 池上彰・佐藤優著『僕らが毎日やっている最強の読み方――新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意』(東洋経済新報社/1512円)読了。

 売れっ子2人が、互いの情報収集術・知的生産の技術について開陳した対談集。
 2人はこれまでにも多くの対談集を出しているが、その中で「ありそうでなかった」テーマである。

 新聞・雑誌・ネット・書籍……それぞれとの付き合い方のコツがおもに語られている。そのうえで、最後の章ではオマケ的に、人に直接会って情報を得るためのコツが語られる。

 両者とも、いまだに新聞からの情報収集に重きを置いている点が印象的だ。
 大新聞が軒並み部数を減らし、若い世代が購読しなくなったいまも、新聞が「『世の中を知る』ための基本かつ最良のツールであること」は変わらない、と……。

 これは、私もそのとおりだと思う。むしろ、新聞記事をネットで断片的にしか読まない人が増えれば増えるほど、新聞をちゃんと読む習慣を持つ人のアドバンテージは高まるだろう。

 全体に、内容が非常に具体的・実践的で、机上の空論や観念論が混入していない点が好ましい。ネットにしろ雑誌にしろ、具体的なサイト名や誌名を挙げたうえで“上手な付き合い方”が語られているのだ。

 学校教科書や受験参考書などを活用した、いわゆる「大人の学び直し」についても、一章を割いて語られている。その点で、現役世代のみならず、定年退職したシニア世代にとっても一読の価値があるだろう。

 何より、両著者自身がいまなお貪欲に学びつづけ、読書などのインプットに相当の時間を割いていることに、感服させられる。

 とくに佐藤さんは、「どんなに忙しくても、毎日4時間はインプットの時間を死守すること」を自らに課しているという。
 読書の時間として割り当てた時間には、「ネット絶ち」をして読書に集中。また、いまなおチェコ語の学校(週1回)とロシア語の学校(月1回)に通って、語学力のブラッシュアップをつづけているそうだ。

 その他、印象に残った一節を引用。

 小泉信三は、学問に対して「すぐ役に立つことは、すぐ役に立たなくなる」という言葉を残しています。漢方薬のように、じわじわと効いてくるのが基礎知識であり、教養というものなのでしょう。(池上氏の発言)


  
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>