ジョー・ママ『ジョー・ママ』『ジャンプ』



 最近はもっぱら、60~70年代あたりの古いアルバムをディグっては聴いている私。 
 今日は、ジョー・ママの『ジョー・ママ』(1970年)、『ジャンプ』(1971年)を聴いた。

 ジョー・ママは、ダニー・コーチマーを中心に結成されたアメリカのロック・グループ。この2枚のアルバムを発表したのみで、あっさり解散してしまった。

 ダニー・コーチマーはジョー・ママ以前に、キャロル・キング、チャールズ・ラーキーと3人で「シティ」というトリオを組んでいたが、この「シティ」も68年にアルバム『夢語り(Now That Everything's Been Said)』を出したのみで解散している。
 コーチマーとラーキーが参加し、キャロル・キングの代わりにアビゲイル・ヘイネスという女性シンガーを加えたジョー・ママは、いわばシティの発展形であった(ただし、ジョー・ママは5人組)。

 私は恥ずかしながらこのバンドを知らなかった。この前聴いたザ・セクションのアルバムがよかったので、「ダニー・コーチマーのほかの作品も聴きたい」と思って、何の気なしに手を伸ばしてみたのだ。

 が、これが大当たり! 2枚ともすごくいいアルバムだった。

 ソウルフルでファンキーでブルージー。ほんのりジャジー、ちょっぴりフォーキー。
 アメリカン・ロックの源流的要素をごった煮したような、どこか懐かしい多彩なサウンド。それでいてジジむささは皆無で、都会的で知的で洗練されている。

 とくに、ファーストの『ジョー・ママ』は非の打ち所のない名盤だ。
 アルバム中いちばんキャッチーで、普通ならオープニングに持ってきそうな曲「Love'll Get You High」を、あえてラストに入れるあたりのヒネリも心憎い。



 セカンドの『ジャンプ』(原題は“J Is For Jump”=「JはジャンプのJ」)は、ファーストよりも渋さと黒っぽさが大幅に増した内容。予備知識なしに聴いたら、白人ばかりのバンドだとはとても思えないだろう。



 ゆえに、キャッチーな内容のファーストよりもとっつきにくい。が、くり返し聴くほどに味わいが増していく深みはなかなかのもので、ファーストとセカンドは甲乙つけがたい。


↑セカンドのオープニング曲「Keep on Truckin'」。


↑ジャズ・ロック的な長いオープニングが後のザ・セクションを思わせる「3 A.M. In L.A.」。ヴォーカルが始まるとブルージーでジャジー。

 
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
19位
アクセスランキングを見る>>