コロシアム『ヴァレンタイン組曲』ほか



 イギリスのジャズ・ロック・グループ、コロシアムの『コロシアム・ファースト・アルバム(For Those Who Are About to Die We Salute You) 』と、セカンドに当たる『ヴァレンタイン組曲(Valentyne Suite)』を1枚にまとめた2in1のCDを購入。ヘビロ中。
 2枚とも1969年発表のアルバムなのだが、「この時代にこんなすごいことをやっていたのか」と驚かされる。

 コロシアムといえば、この2枚のあとに出た『COLOSSEUM LIVE』(1971年)が、名盤として挙げられることが多い。



 が、私はどうもこのライヴ盤が肌に合わない。野太い声を張り上げるクリス・ファーロウのヴォーカルが、オペラ歌手が無理してロック風に歌っているみたいな感じで、暑苦しくて苦手なのである。

 ファースト/セカンド時点ではまだファーロウが参加しておらず、ギターのジェイムス・リザーランドがヴォーカルも兼ねている。
 リザーランドのヴォーカルはヘタウマ風で、歌唱力ではファーロウの圧勝だろう。だが、うまければいいというもんでもない。枯れた味わいで目立たないリザーランドのヴォーカルのほうが、むしろ他のメンバーの演奏力が際立つと思うのだ。

 一口にジャズ・ロックと言っても、どんなジャズとどんなロックを混ぜ合わせるのかによって、出てくる音はまるで違ってくる。
 コロシアムの場合、ブルース・ロックにオーソドックスなモダン・ジャズを混ぜ合わせ、スパイスとしてプログレも加えました……という趣。
 ジャズ的要素をおもに司るのがディック・ヘクストール=スミスのサックスで、プログレ的要素をおもに司るのがデイヴ・グリーンスレイドのオルガンである。
 ゆえに、ブルース・ロックが好きな人なら抵抗なく楽しめるだろう。クリームとか、けっこう近い。クリームにサックスとオルガンを加えたようなサウンドといってもよい(※)。

※……と書いたあと、松井巧著『ジャズ・ロック』のコロシアムの項を読み直したら、“コロシアムはリーダーのジョン・ハイズマンが、クリームに対抗意識を燃やして結成したバンド”という主旨の記述があり、「やっぱり」と思った。


↑『ヴァレンタイン組曲』のタイトル・チューン。緻密に構築された名曲。

 コロシアム解散後、リーダーで凄腕ドラマーのジョン・ハイズマンがギタリストのゲイリー・ムーアらと結成したのが「コロシアムⅡ」である。
 このコロシアムⅡは、同じジャズ・ロックでもフュージョン寄り、インスト・ロック寄りで、ブルース色は希薄。コロシアムとコロシアムⅡは、まったく別物と捉えたほうがいい(私はコロシアムⅡも好きだが)。

 私は『コロシアム・ファースト・アルバム』のほうは初めて聴いたが、これもなかなかよい。名盤の誉れ高い『ヴァレンタイン組曲』にひけを取らない出来だ。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
18位
アクセスランキングを見る>>