岩明均・室井大資『レイリ』



 原作・岩明均、漫画・室井大資の『レイリ』(少年チャンピオン・コミックス エクストラ)を、既刊1~3巻を買って一気読み。
 『寄生獣』『ヒストリエ』の岩明均が初めて原作に回り、『秋津』や『イヌジニン ―犬神人―』 の室井大資に作画をまかせた戦国活劇である。

 いやー、これはメチャメチャ面白い。

 主人公・レイリ(零里)は、百姓の娘でありながら、「長篠の戦い」(1575年)の落ち武者狩りの巻き添えで両親と弟を惨殺されてしまう。
 そのとき自らも殺されかけるが、敗走中だった武将・岡部丹波守元信(今川家家臣を経て、甲斐武田家家臣)に救われ、彼に育てられる。

 戦に出て、恩人「丹波さま」のために戦い、家族を惨殺した敵方(織田・徳川連合軍)の武士を一人でも多く殺したい。そして、最後は討ち死にして家族の元に行きたい。一日も早く……。そんな狂おしい思いを胸に、剣術の稽古に明け暮れるレイリ。
 4年後――。天賦の才が開花し、15歳のレイリは雑兵たちが誰もかなわないほどの腕になっていた。

 だが、レイリの顔が武田勝頼の嫡男・信勝(当時13歳)に瓜二つであったことから、彼女は男のなりをして信勝の影武者となることを命じられる。

 ……という感じのストーリー。

 滅法強い美少女剣士を主人公に据えている点は、小山ゆうの『あずみ』を彷彿とさせる。
 『あずみ』は長期連載の過程で似たような話のくり返しになり、だんだんテンションが下がっていった。対照的に、『レイリ』のストーリーは緊密で、遠からぬクライマックスに向けて少しずつ盛り上がっていく感じがたまらない。

 また、とっくに誰かが指摘しているだろうが、レイリと信勝の関係は、『キングダム』(原泰久)における信と政(のちの秦の始皇帝)の関係とオーバーラップする。
 「『キングダム』と『あずみ』を足して2で割ったようなマンガが作れないかなァ」というのが、最初の着想だったのかもしれない。もちろん、岩明均のオリジナリティで染め上げられているので、パクリ感は微塵もないが……。

 岩明も『寄生獣』のころと比べたら絵がうまくなったが、それでも絵の魅力で売るタイプのマンガ家ではないから、原作に徹したことは正解だと思う。
 とくに、随所で展開されるスピード感みなぎる戦闘シーンは、岩明の絵柄では迫力不足だったろう。

 「死にたがりの美少女剣士」という主人公造型のキャラ立ち感がハンパない。印象的な場面もたくさんある。岩明のストーリーテリングはさすがだ。

 私たちは、現在のストーリーのわずか3年後に甲斐武田家が滅亡し、最後の当主となった信勝が16歳で自害して果てることを知っている。
 そのとき、レイリはどう死ぬのか? あるいはどう生きるのか? これから目が離せないマンガである。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
18位
アクセスランキングを見る>>