山川健一『ブルースマンの恋』



 山川健一著『ブルースマンの恋』(中公文庫)読了。

 1980年代には、ロックとブルースに造詣が深い小説家といえば、この山川健一が筆頭に上がったものだ。『ロックス』など、音楽小説の著作を次々に出していたし、ミック・ジャガーやキース・リチャーズにインタビューして本にまとめたりもしていた。

 私も、少年時代に山川の初期作品『壜の中のメッセージ』を読んで、「カッコイイなァ」とシビレたものだった。そもそも、ロックの世界を描いた小説自体がほとんどなかった時代だったし。

 だが、89年に花村萬月がデビューし、『ブルース』など音楽小説の傑作を発表し始めると、山川は途端に影が薄くなってしまった。小説家としての力量も、ロックやブルースに対する造詣の深さも、明らかに花村のほうが上だったからだ。
 山川は完全にポジションを奪われてしまったのである。

 ……以上は私が勝手に思うことで、世の中には「いや、俺は山川のほうが上だと思う」という人もいるだろうけど。

■関連エントリ→ 花村萬月『俺のロック・ステディ』

 本書の元本は、山川がまだコンスタントに音楽小説/音楽エッセイの著作を出していたころ――1989年に刊行されたもの。犬の写真を大きく用いた単行本のカバーが、とてもオシャレで印象的だったのを覚えている。



 当時の私はブルースが苦手だったからスルーしてしまった本だが、今回初めて読んでみた。

 小説ではなく、有名なブルースマンの生涯と作品を紹介していく音楽エッセイだ。
 マディ・ウォーターズ、エルモア・ジェームス、ロバート・ジョンソン、サン・ハウス、ハウリン・ウルフ、サニー・ボーイ・ウィリアムスン(Ⅱ世)といった大御所中心の人選で、“人物素描の形式を借りたブルース入門”として読むことができる。

 女性誌に連載されたエッセイだそうで、ブルースについてほとんど何も知らない初心者にもわかりやすい書き方がなされている。
 さすがに作家だけあって、音楽評論家が書いたブルース本よりも人物紹介の仕方が手慣れている。

 ただ、山川の自分語りの比率がけっこう高くて、読んでいてウザい。
 自分語りをしても、それが面白く読めればいいのだが、まるで面白くない。「話が横道にそれた」としか感じられないのだ。
 自分語りを封印し、その分だけブルースマンたちの人生を深く掘り下げていたら、もっといい本になっただろう。

 
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>