『ブルース・ギター・ウーマン』



 『ブルース・ギター・ウーマン(Blues Guitar Women)』を輸入盤で購入し、ヘビロ中。
 タイトルのとおり、女性ブルース・ギタリストの曲を集めたコンピレーション・アルバムである。

 女性ブルース・ギタリスト(&シンガー)の草分けであるメンフィス・ミニーの曲が、いちばん最後に収められている。
 メンフィス・ミニーの活躍した時代(おもに戦前)には、ギターを弾きながら歌う女性ブルース・シンガーは非常に珍しい存在だったはず。
 それが近年になって急増し、いまや百花繚乱の趣がある。2005年に発売された本作は、「ブルース・ギター・ウーマンの時代」を一望できる好コンピである。

■関連エントリ→ デボラ・コールマン『I Can't Lose』ほか

 CD2枚組に、全24アーティストの29曲が収められている。ディスク1がエレクトリック・ギター中心のコンテンポラリー・ブルース編、ディスク2がアコースティック・ギターのトラディショナル編に分けられているあたりも、気が利いている。

 収録アーティストのうち、私が知っていたのは、スー・フォーリー、アナ・ポポヴィッチ、デボラ・コールマン、キャロリン・ワンダーランド、マリア・マルダー&ボニー・レイット(共演曲)、それにメンフィス・ミニーのみ。
 まあ、私のお気に入りのデボラ・コールマンも日本盤は1枚も出ていないし、地味なジャンルだから、日本にはあまり情報も入ってきにくいのだ。

 私は前にこのシリーズの『ブルース・ハープ・ウーマン』(女性ブルース・ハーピストのコンピ)を買って愛聴していたのだが、出た順番は逆で、『ブルース・ギター・ウーマン』が米国でヒットしたため、第2弾として『ブルース・ハープ・ウーマン』が出たのだという。

 「女性だからうんぬん」とか、「女ならではのブルース・ギター」などという決めつけた言い方は、当のブルース・ギター・ウーマンたちが嫌がるところだろう。だが、最初から最後まで通して聴くと、「やっぱり男のブルース・ギターとは違うなァ」という感想を抱く。
 女性ブルース・ギタリストたちのほうが、総じて内省的・ストイックな印象であり、ギターのタッチも繊細なのだ。

 ところで、このコンピの日本盤はジャケにブルース・ギター・ウーマンたちの顔写真をちりばめているが(↓)、オリジナルのイラストのみのジャケのほうがずっとカッコイイと思う。



関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>