小田嶋隆『かくかく私価時価』


かくかく私価時価―無資本主義商品論1997‐2003かくかく私価時価―無資本主義商品論1997‐2003
(2003/03/01)
小田嶋 隆

商品詳細を見る


 小田嶋隆の2年ぶりの新著『かくかく私価時価』(BNN/1600円)を買ってきた。オダジマの著書は発刊されたら即買わないとすぐ書店から消えてしまうし、文庫化もほとんどされない。メチャメチャ面白いのに…。

 この本は、『噂の眞相』にいまも連載中のコラム「無資本主義商品論」をまとめたもの。この「無資本主義商品論」はオダジマには珍しい長期連載で、 1988年にスタートしている。遅筆で知られる(笑)オダジマにこれほど長く連載させている『噂の眞相』は、太っ腹というか、編集者が優秀なのだと思う。『TVタロウ』でやっていた「どらま・さのばびっち」という連載なんて、わずか3回くらいで打ち切りになった(おそらくは遅筆のせいで)のである。

 88~95年の連載分は、そのまま『無資本主義商品論』という書名で翔泳社から単行本化されている。今回は97年~2003年の連載分を収録。なんと、まだ発売中の4月号掲載分までが収録されている。『噂の眞相』は来年の4月号で休刊予定だというから、「無資本主義商品論」の単行本化もこの『かくかく私価時価』で打ち止めということになる。

 「無資本主義商品論」は、モノの値段をネタにしたサタイア(風刺)コラムである。いくつか拾うと、「援助交際/2万円前後(らしい)」「ヤフー株/1億円」「思いやり予算/2757億円(99年度)」「発泡酒税額/1リットル当たり222円」などという具合にまず「価格」が提示され、そのネタについて風刺するコラムが書かれていく。

 すべてを斜に構えた視点から批評していくそのスタイルは、コラムニストとしてのデビュー作である『我が心はICにあらず』(光文社文庫)から不変だ。昔のビートたけしのトークと「2ちゃんねる」の出来のいい書き込みをシェイクして、もっと知的に、もっと技巧的にしたような味わい。「洗練された皮肉と悪口」の愉しさ――それがオダジマのコラムの魅力である。

 この「無資本主義商品論」という連載の功績は、オダジマの政治・経済を批評する資質を開花させたことだろう。

 アメリカには、アート・バックウォルドやマイク・ロイコのように、政治・経済をネタとする「笑えるコラム」の優れた書き手がたくさんいる。しかし日本には、政治評論家や経済評論家は腐るほどいても、政治・経済ネタのこなせるユーモア・コラムニストは皆無に近い。日本で「コラムニスト」といえば、流行現象やサブカルチャーを守備範囲とする人が大半だからだ。そうしたなかにあって、オダジマは、「日本のアート・バックウォルド」になれる可能性をもった、ほとんど唯一の書き手なのである。

 この『かくかく私価時価』でも、オダジマの皮肉な笑いがいちばん冴え渡るのは、政治・経済ネタを扱った回だ。
 たとえば、ヤフー株が1株1億円を記録したことを扱った回の、こんな一節。

 オレの知り合いにも資産10億円を豪語するその実体が家族マージャンでヨメさんに貸し込んでいる勝ち分だったりする野郎がいるが、話としてはそれと同じである。
 「ヨメさんはどうやって払うんですか?」
 知るもんか。一晩2億くらいで亭主専用の高給娼婦でもやるんじゃないのか。
 ヤフーだって同じだ。ソフトバンクとの間で株を持ち合って、勝手に価格を釣り上げているのだとしたら、M田のところの夫婦が夫婦喧嘩の度に億単位の慰謝料を払い合っているのとどこが違うというのだ。



 またたとえば、石原都知事の「三国人発言」をネタにした回の、こんな一節。

 都知事ともなれば、あらゆる発言は揚げ足を取られると思うべきだ。
 (中略)
 「だからオレは率直に腹を割って話そうと言ってるんじゃないか」
 【石原都知事、記者に割腹を要求】
 (中略)
 どうだろう? 石原さんにぴったりの国で思いっきり腕をふるうというのは。ほら、あの、主体思想の……
 号令一下手足のように動く軍隊もあるし、大好きなテポドンもありますよ。
 で、都政の方はキムちゃんのドーンとやってみようってなことでトレード成立。

 

 ……と、こんな具合にスパイスの効いた皮肉な笑いが、随所で炸裂。
 また、オダジマの得意技である言葉遊びも、「上から読んでも下から読んでも雅子様は雅子様」などという具合に快調そのものだ。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
19位
アクセスランキングを見る>>