菊地章太『悪魔という救い』

悪魔という救い (朝日新書 (098) (朝日新書)悪魔という救い (朝日新書 (098) (朝日新書)
(2008/02/13)
菊地 章太

商品詳細を見る


 菊地章太(のりたか)著『悪魔という救い』(朝日新書/756円)読了。「悪魔祓い」についての、本邦初の学術的入門書である。

 「悪魔祓いなんて、前近代の遺物だ」――と、そんなふうに思うのは認識不足。悪魔祓いはカトリック世界で正式に教理として定められ、教会の許可を得た「エクソシスト」によっていまも行なわれているのだ。
 しかもそれは、「まさに教会の聖務であって、決して異端的なものでも邪道なものでもない」、「教会における厳粛な儀式」なのだという。

 本書はその「悪魔祓い」について、オカルトの立場からではなく、澁澤龍彦のようにペダンティックなお遊びとしてでもなく、真面目に、かつシロウトにもわかるように概説したものだ。
 学者(著者は比較宗教史家で、東洋大教授)らしからぬ平明な文章に好感がもてるし、門外漢の私には目からウロコの記述も多く、わりと愉しめた。

 『デビルマン』から『デスノート』に至るマンガや、『エクソシスト』から『ダークナイト』に至る映画のように、悪魔の存在がベースにあるカルチャー/サブカルチャー(『デスノート』は悪魔というより死神だが)に親しんできた者なら、本書によってそれらの作品をいっそう深く味わえるだろう。「そうか。あの場面にはそういう意味があったのか」と……。
 
 たとえば、キリストが悪魔祓いに際して悪魔の名を問いただす聖書のワンシーンについての、次のような記述。

 悪魔に名まえなんか聞いてどうするのか、と思われるかもしれないが、それは現代人の発想である。
 名を知るということは今の私たちには想像もつかないほど昔は重要な意味をもっていた。しかもこれはヨーロッパにかぎったことではない。
 名はその人を他人と分かつものであり、その人にとってかけがえのないもの、いわば自分という存在の一部である。むやみに他人に教えるものではない。
 呪いをかけるときがそうである。髪の毛一本でもその人の一部が手に入れば呪いをかけることができる。名がその人の一部である以上、ほんとうの名を知られると呪いをかけられる可能性が生じる。



 「うーむ、『デスノート』というのはそういうことをふまえて発想されたのかなあ」とか思えて、興味深い。
 
 著者は本書の後半で、悪魔祓いに精神病理学からアプローチし、その謎解きも試みている。著者によれば、悪魔憑きの代表的症例はいずれも「精神疾患の症状として説明可能」なのだという。

 たとえば、異なるいくつもの声を出すのは「多重人格障害のごくふつうの症状」であり、全身を弓なりにして反り返るのも「神経症の発作としてはとくにめずらしい症状ではない」という。その症状は「後弓反張」もしくは「ヒステリー弓」と呼ばれるとか。 
 悪魔に憑かれた者が「他人の心を読む」とされる点についても、「ヒステリー患者が無意識のうちに発揮する感覚というのは、想像を絶するほどにとぎすまされるというから、それを発揮すればどんなささいな情報からも相手の心のうちを推量するのは不可能ではない」としている。

 まあ、そんなふうに理詰めで悪魔憑きを解説することについて、げんなりする読者もいるだろう。私は面白く読んだけど。

 もっとも、著者は大槻某のように反オカルトの旗幟を鮮明にしているわけではない。悪魔憑きを合理的に説明したうえでなお、終章「救いのありか」では、悪魔憑きや悪魔祓いのもつ“合理性を超越した意味”について、宗教史家らしい考察を展開しているのだ。 

 ただ、紙数もかぎられた新書のことゆえ、“悪魔祓いについて、一通りの知識と著者の思うところをざっと書いてみました”という程度のものでしかなく、深みには乏しい。

 中身も、少々薄い。
 たとえば、悪魔祓いを扱った映画の代表格『エクソシスト』『エミリー・ローズ』『尼僧ヨアンナ』に言及するのはよいとしても、その3本のあらすじを延々と紹介するのはやりすぎ。「これってただのページ稼ぎちゃうんかい」と思ってしまった。

 著者が同じテーマで、この2~3倍の分量でがっちりと書き込んだ大著が読んでみたい。

P.S.
佐藤史生の初期短編に「レギオン」というのがあるのだが、この本を読んだあとで読み返してみると、悪魔について調べ上げたうえで描かれた作品であることがよくわかる。「悪魔マンガ」の傑作である。いまは入手困難かもしれないが(『金星樹』という短編集に入っている)、『ダークナイト』とかに感銘を受けた人なら一読の価値あり。

関連記事

トラックバック

コメント

Re: 菊地章太『悪魔という救い』
小野さん

ご教示サンクスです。
悪魔というのは非常に奥深いテーマですよね。

そういえば、『エンゼル・ハート』というブードゥーがベースになった映画もありましたな。
  • 2009-01-31│23:34 |
  • 前原 URL│
  • [edit]
Re: 菊地章太『悪魔という救い』
出血大サービスで(笑)、関連するテキストをアップしました。

唯名論
http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20090201/p1

ブードゥー教の呪いで実際に人が死ぬ
http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20090202/p1
  • 2009-01-31│16:43 |
  • 小野不一 URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>