佐伯一麦『芥川賞を取らなかった名作たち』

芥川賞を取らなかった名作たち (朝日新書)芥川賞を取らなかった名作たち (朝日新書)
(2009/01/13)
佐伯 一麦

商品詳細を見る


 佐伯一麦(かずみ)著『芥川賞を取らなかった名作たち』(朝日新書/819円)読了。

 自らも「芥川賞を取りそこなった作家」の一人である著者が、同賞の長い歴史の中から“受賞を逸した名編”11編を選び、それぞれの魅力を探っていく一冊。

 取り上げられているのは、太宰治の「逆行」(第1回/1935年上半期候補作)から干刈あがたの「ウホッホ探検隊」(1983年下半期候補作)まで、戦前からバブル前夜に至る昭和期の作品。平成に入ってからの作品は一つもなし。

 仙台文学館で著者が講師をつとめた連続講座をベースにしたもの。ゆえに、文章は話し言葉でわかりやすいし、ゲストに招いた作家や編集者の話、受講生とのやりとりも随所にはさまれていて臨場感がある。

 以前このブログでも書いたことがあるが、芥川賞を取ってから鳴かず飛ばずの作家は多く、むしろ受賞を逸した人の中にこそ、文学史に名を遺すような重要作家が少なくない。太宰のみならず、三島由紀夫も村上春樹もよしもとばななも、芥川賞を取っていないのである。なので、本書は企画として優れていると思う。

 取り上げられた作品を読んでからのほうが面白いのは当然だが、梗概などは本文で紹介されるので、“読んでいないとチンプンカンプン”ということはない。
 
 『文学賞メッタ斬り!』的な毒舌の笑いを期待する向きも多いだろうが、本書のスタンスはもっと生真面目だ。『文学賞メッタ斬り!』は読んで楽しむ本だったが、本書は“「芥川賞を取らなかった名作」を通じて、佐伯一麦が教える小説の書き方講座”というスタンスなのである。

 ただ、取り上げた作品が落選した際の選評は細かく紹介されるので、『文学賞メッタ斬り!』にあった“選評を批評する愉しさ”は、本書でも十分味わえる。

 また、取り上げた作品をめぐる作品論・作家論としても読みごたえがある。
 とくに、干刈あがたの「ウホッホ探検隊」を取り上げた最終章は、感動的ですらある。同じく『海燕』から登場した作家という意味で同志的連帯感を抱いていたであろう干刈に対する、佐伯によるレクイエムという趣もある(干刈は92年に49歳の若さで病没)。

 巻末には、島田雅彦(芥川賞落選6回)と著者の対談を収録。これが、島田のいつもながらの言いたい放題が痛烈で、なかなか笑える対談になっている。「本文が生真面目だから、読者サービスとして笑えるページも作ろうか」みたいな意図で入れたのかも。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>