金井良太『脳に刻まれたモラルの起源』


脳に刻まれたモラルの起源――人はなぜ善を求めるのか (岩波科学ライブラリー)脳に刻まれたモラルの起源――人はなぜ善を求めるのか (岩波科学ライブラリー)
(2013/06/06)
金井 良太

商品詳細を見る


 金井良太著『脳に刻まれたモラルの起源――人はなぜ善を求めるのか』(岩波科学ライブラリー/1260円)読了。

 著者は、英サセックス大学・サックラー意識研究センターで准教授を務める第一線の若手研究者(1977年生まれ)。本書は一般書ながら、脳科学研究の最前線の知見が多く盛り込まれ、知的刺激に富む内容となっている。

 この著者は、「第2の池谷裕二」になり得る人材だと感じた。つまり、脳科学の知見を一般向けに面白く解説するベストセラーが出せる人だと思うのだ。本書を読むと、文章にはまだ論文臭があって、池谷さんの本に比べややカタいのが残念。

 章立ては次のようになっている。

1 善悪という主観の脳科学
2 五つの倫理基準
3 政治の脳科学
4 信頼と共感の脳科学
5 評判を気にする脳
6 幸福の脳科学



 この章立てを見ればわかるとおり、タイトルに沿った「脳とモラル」の問題のみならず、幅広いテーマを扱っている。
 その幅広さが、本書の長所であり短所でもある。というのも、正味110ページの薄い本なので、こんなに幅広いテーマを扱うには分量不足だからだ。
 各章とも、優に一冊の大著になり得る大テーマなわけで、わずかな紙数の中でそれらを扱っているものだから、各テーマの掘り下げが浅すぎる。

 とはいえ、目からウロコのトピックが随所に盛り込まれており、十分に面白い本ではある。
 面白いトピックの一例を挙げる。

 人間の脳は、眼や顔といった社会的な視覚刺激に敏感にできている。そのため、本物の他人の目が存在しないにもかかわらず、個人に評判を気にするような行動を促すことができる。たとえば、独裁者ゲームというお金を他人と分配する経済ゲームを行う際に、眼の画像をパソコンのデスクトップに出しておくだけで、被験者はより多くのお金を他者と分配するようになる。
 また、ニューキャッスル大学のベイトソン博士たちの行った実験は、眼の写真を壁に貼っておくだけで、実際に人間を正直者にすることができることを示した。



 次は、ワンテーマを深く掘り下げた大著にぜひ挑戦してほしい。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>