神坂智子『T・E・ロレンス』



 仕事上の必要があって、神坂智子の『T・E・ロレンス』を全巻再読。それから、映画『アラビアのロレンス』も映像配信で再見した。

 それにしても、たいていの名作映画が家ですぐに観られるのは、思えばすごいことだ。私が10代のころは、名画座にかかるのを待つしかなかったのだから。

 『T・E・ロレンス』は、「アラビアのロレンス」ことトーマス・エドワード・ロレンスの生涯を描いた大作である。
 『アラビアのロレンス』が、映画史上に輝く名作であることはいうまでもない。だが、この『T・E・ロレンス』には、『アラビアのロレンス』が描けなかったロレンス像までが活写されており、日本のマンガの底力を改めて思い知らされる。

 たとえば、『アラビアのロレンス』がほのめかす形でしか描けなかったロレンスの性指向――ホモセクシュアリティとマゾヒズムも、『T・E・ロレンス』は思いっきり踏み込んで描いている。
 それは、竹宮惠子が『風と木の詩』で切り拓き、山岸凉子の『日出処の天子』などに開花した「BL」の伝統が、日本のマンガにあればこそだろう。

 また、ロレンスの複雑きわまる内面についての描写も、『アラビアのロレンス』より重層的で深い。マンガという表現形式そのものが持つ力のなせる技であろう。

 もっと高く評価されてしかるべき、マンガ史に残る傑作。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>