リンダ・グラットンほか『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』



 一昨日から昨日にかけて、取材で岩手へ――。

 一関まで新幹線で行き、そこからカメラマン氏運転のレンタカーで、大槌町→宮古市→「『あまちゃん』の里」久慈市→野田村と移動。
 最後は二戸から新幹線で帰京。北海道の次に広い岩手県の、ほぼ端から端まで走破したことになる。今回も東日本大震災の関連取材である。


 行き帰りの新幹線で、リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット著、池村千秋訳『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)――100年時代の人生戦略』(東洋経済新報社/1944円)を読了。書評用読書。

 100歳まで生きることは、いまはまだ稀な長寿だが、半世紀後にはあたりまえになる。
 本書で知って驚いたのだが、国連推計によれば、日本の100歳以上人口は2050年までに100万人を突破すると考えられているという。
 とくに、日本は平均寿命の伸びが顕著になると考えられており、「2007年に生まれた子どもの半分は、107年以上生きることが予想されている」そうだ。

 

 いまこの文章を読んでいる50歳未満の日本人は、100年以上生きる時代、すなわち100年ライフを過ごすつもりでいたほうがよい(「日本語版への序文」より)



 もうすぐ到来する「人生100年時代」には、働き方など、ライフスタイルのあらゆる面に激変が起きる。
 たとえば、“60代でリタイアする時代”は終わり、人は80代まで現役で働くのが普通になるという。
 そのような激変にどう備えたらよいのかを、さまざまな角度から提言したのが本書である。

 少子高齢化のトップランナーたる日本のことに、著者たちは随所で言及している。世界のどこよりも、日本でまず読まれるべき書だ。

 本書はジャンル的にはビジネス書ということになるだろうが、粗製濫造されがちな日本のビジネス書の薄っぺらさと比べ、ケタ違いの濃密さを持つ良書である。

 
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>