矢島賢&ヴィジョンズ『REALIZE』



 矢島賢&ヴィジョンズの『REALIZE』(ワーナーミュージック・ジャパン)を聴いた。
 アナログ盤では1982年に発売された、矢島賢にとって生涯唯一のリーダー・アルバム。今回、初CD化だそうだ。

 私は、恥ずかしながら矢島賢というギタリスト自体を知らなかった。
 いつも愛読している金澤寿和さん(音楽ライター)のブログ「Light Mellow on the web」で記事になっていたのを読み、興味を持って手を伸ばしてみたしだい。

 80年代日本のフュージョン系ギタリストにはそれなりに目配りしていたつもりだが、私がこれまで知らなかったのは、矢島がキャリアの大半をJ-POP系のスタジオ・ミュージシャンとして生きたからだろう。
 「長渕剛からは、“唯一頭が上がらないソロ・ギタリスト”と呼ばれるほど、厚い信頼を置かれていた」(金澤氏ブログ)人なのだそうだが、あいにく私は長渕剛に微塵も興味がないし。

 それはさておき、このアルバムはJ-POPとはまったくかけ離れた内容である。全曲インスト。ギター中心の、プログレ色の濃いフュージョンなのだ。

 レコード会社側がつけた宣伝文句には、「ジェフ・ベックの名盤『ブロウ・バイ・ブロウ』への日本からの回答というべき強烈なギター・インストゥルメンタル・アルバム」という言葉が躍っている。
 『ブロウ・バイ・ブロウ』も『ワイアード』も大好きな私としては、この惹句で大いに期待して聴いた。

 だが、うーん……、期待したのとはちょっと違った。
 全8曲中、「おお、これはもろジェフ・ベック!」と思わせる曲は2曲だけ。「D.Box」と「Elephant Dance」がそうで、この2曲はたしかにジェフ・ベック好きならたまらない仕上がりだ。





 で、残り6曲はといえば、ジェフ・ベックというよりはピンク・フロイドのデイヴ・ギルモアに近い線。
 「Wet Dream」なんて曲もあって、ピンク・フロイドのキーボーディスト、リック・ライトに同名のソロ・アルバムがあったことを彷彿とさせる(ちなみに、「Wet Dream」とは「夢精」の意)。
 ハードなインスト・ロックというより、夢幻的でドラマティックなプログレ・フュージョンのアルバムなのである。

 むろん、そのことが悪いわけではない。むしろ、映像喚起力に富む荘厳華麗なギター・インスト・アルバムとして、非常によくできている。
 プログレ色が濃くなっていた時期のプリズムが好きな人なら、絶対気に入ると思う。

 
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>